読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月10日


投票行ってきました。
櫻井になって、足立区に引越して、はじめての参議院選挙。

可愛い投票証明書だと思ってもらってきたら
初投票証明書…?18歳用なのかしら(笑)
まあいいや。
18歳の人たち。初投票おめでとう!

f:id:chabby_mitarashi:20160711122507j:image

選挙の話し 2


やっぱり、どう思われようが、なんかしないと気が済まないと思って、職場の女の子達に配ってあるいた。
とにかく投票には行かないとダメだよと言いながら。

昨日、生まれて一度も選挙行った事無いと言っていた子が
「明日投票行きます!」って言ってくれた。
隣に座ってる、最も興味無さそうなタイプの女の子にも渡したら
「大事な事ですね」って言われた。
話もしないで勝手に卑屈になってたのは私のほうだった。
話す機会が無いだけで、きっと知りたい話したいと思ってくれてる人も沢山いるのかもしれない。

どうして行かないんだろうと、ここ最近ずっと考えていたんだけど、今日もその言葉が出たけど
「私、バカなんで何もわからないんですよ」

ここで怒ってはいけない。
だったら調べろよとか言ってはいけない。
これは謙遜なんだと思った。

自分が分からない事に、下手に何かして掻き回してはいけないんじゃないかっていう
本当に日本人的な、謙遜の思想なんではないかと思った。

だから今日は
「わからない事は聞いてね。バカなんて関係ないよ。自分の思いを伝える唯一の方法だから。思った通りにすれば良いんだよ」と言った。

私の友達たちはきっと大丈夫。

そうじゃない、身近にいる人たちに、大事な事を伝えていく努力はしないといけないなと思った。

もし親になった時に
お母さんはあの時どうしてたの?って聞かれて
ちゃんと答えられる親にならなきゃいけないなと思った。

改めて、日曜日は選挙に行きましょう!

f:id:chabby_mitarashi:20160711122338j:image

日曜日は選挙だよ


FacebookTwitterも、私の周りの人は今度の日曜日に投票に行く人が殆んどだと思う。

選挙の投稿も沢山あるし、安心するんだけど。本当に身近な、職場の女の子たちは、きっと投票行かないんだろうな。

以前お昼に「昨日投票行った?」って聞いたら「行かなかった。選挙行った事ない」とか平気で言うんだよな。

ものすごいガッカリして「ちゃんと行きなよ。行かなきゃ何も文句言えないよ」と言ったら、あからさまに「わ。こーゆータイプねこのおばはん。めんどくさい」って顔された。

そりゃめんどくさいよねー。分かるよー。そーゆー反応一人だけじゃないし、そっちのほうが多数なんだよね。だから投票率あんなに低いんだよね。

『でも!言い続けなきゃいけないんだよ!』

って心の私は思っても、ホントのところは言えないで勝手に胸を痛めている。


今日は帰る前に「日曜日投票いきなよぉ」って言えるかな…。


f:id:chabby_mitarashi:20160708090838j:image

変わること

自分のなかで結構気にしていることがある。

家族を持った自分とそれまでの自分の事。

3月に結婚し、家族ができた。
昨年の6月から猫も含めて一緒に暮らしだしているから
結婚したから改めてって言うことはないのだけれど
そう思うと家族のようなものが出来てから1年経つ。


それまでの私は本当に好き放題自分の為にお金も時間も使ってきた。
今だってそうだけど
今までと違うところは
そこにいつも主人の事や猫の事、主人の家族の事も含めた櫻井家の事
などが絡んでくる。
誰に規制された訳ではなくとも
何故か今までの自分のようには立ち居振る舞えなくなっている。
そのせいで今まで付き合ってきた人に
嫌な気持にさせてしまっているのではないかと不安になったりもする。


結婚して変わったね。
って思われたら悲しいと思う反面、本当に変わった部分もあるから
仕方ないとも思ってもいる。
まだ子どもが居るわけでも無いし
別に今までと変わらないじゃんって思われるかもしれないし
自分でもそう思うのだけど
やっぱり全然違う。
毎日ご飯を作らなきゃ(作りたい)と思うし
朝も早く起きてあれやこれやとやっている。
何かを決めるにも、自分だけの判断では出来ず必ず伺いを立てるようになるし
話合って決めなくてないけない事も沢山ある。
それだけで時間が取られる事も多い。
不思議な事にそれだけで、今までの事に気持ちを向ける事が出来ないのだ。
なってみてはじめて分かったこと。


今までの自分とは本当に180度違うと、自分でも思っている。
こんな真っ当な生活を送った事がないから戸惑ってもいる。


普通の人っていうのもおかしいけど
世の中の大半の人が
結婚して、家族の事を考え、仕事を調整したり
はたまた辞めてみたり、飲みにも行かなくなったり
それをスルッとと当たり前のように
何も思わなくやっているのだろうか。


こんなグチグチ考えてるのはバカらしいかもしれないし
わざわざここに書く事ではないのかもしれない。


でもこの数ヶ月ずっと気になっていたから書いておこうと思う。


自分がつまらない人間になってしまっているかもという恐怖もあるし
周りから取り残されているような気もするし
新しい自分が見えて面白いなと思う事もある。


これからまた色々変わっていくだろうから
その時また色々考えるのだろうな。


いつになっても迷いや悩みはあるものですね。


大人になるのって難しいなぁ。


f:id:chabby_mitarashi:20160701173603j:image

昨日の騒動


昨日いつものように2匹とも猫部屋に入れて仕事に出たはずが(主人が後に出たのでホントのところは分からなかった)私が帰ってきてリビングの扉を開けたら、チャビーが甘えた声で「ニャン💕」と言って擦り寄ってきて、驚いた。

はじめは主人が襖を閉じ忘れたかと思ったが襖は閉まっていたので、チャビーを入れ忘れたのだと思い、みたらしにもチャビーにも可哀想な事をしたと平謝りした。

一応主人に確認したところ、絶対に二匹とも入れたと断言するので、じゃあどうやって出たんだ…と。

上段の小さい襖はクーラーの冷気を入れるためや換気のために開けてあるのだけれど、まさかそこから?と思って、壁や下の襖が傷ついていないか見たが、特に新しい傷は付いていなかった…。

謎は深まるまま寝る時間になったので、また猫部屋に入れた。最近寝室にも来れるようにしていたが、あまりに明け方うるさいので、やはり今まで通り猫部屋に入れる事にした。

でもリビングの扉と寝室の扉は開けたままで寝た。
しばらくしたら猫部屋の方から「ドババン!メリメリミシミシ!」と音がしたので、何事かと目をやると、襖の上段に黒い影がウロウロとしてる!携帯の懐中電灯で照らしたらキラリと光る目でこちらを見て「ニャン💕」と言っている。チャビーだ!

本人的には『どう?すごいでしょ!」ぐらいな気分だったと思う。主人も私もあまりの事にちょっと笑ってしまったが、でもそのままにしてはおけないので降りなさいと言いに行った。
のがこの写真(笑)

チャビーは褒められると思ってたら怒られて、とても不服そうにしている(笑)
主人が抱き上げ中に戻し、上段の襖も閉めて、また寝ようとしたら、また「ドババン!」と聞こえ、さすがに閉まってるので出れないから、今度はいつもの「ナーン!ナーン!」と要求事のある声で鳴いていた。

でもこれに応じるとまた繰り返してしまうので、心を鬼にして我慢したが、しばらく頑張って鳴いていた。私たちの気配を感じると良くない気がして、リビングのドアも閉めてみた。そしたらすぐに鳴きやんだ。

リビングのドアを閉めるバタンの音で、もう鳴いても無理だと思うようだ。その後一度またドババンと聞こえたが、それきり大丈夫だった。

そんなこんなで4時…😢やっと眠りについた。
そして6時半に起きて猫部屋の襖を開けたら、みたらしもチャビーもまだくつろいでいた。

いやぁ大変だったよぉ。

夏が来る前に襖の上段に何か網でもしないとクーラーの冷気を入れられないので対策しなきゃだな…。

あぁ眠い…。


f:id:chabby_mitarashi:20160701105420j:image

じゃがいもとお肉の青椒肉絲弁当

f:id:chabby_mitarashi:20160701105228j:image
じゃがいもとお肉の青椒肉絲、豆のサラダ、ハム、昆布の佃煮

じゃがいもとお肉の青椒肉絲

じゃがいもとお肉の青椒肉絲
豆のサラダ
キムチ
たまごの味噌汁

f:id:chabby_mitarashi:20160701105056j:image

3本ちゃん

月曜日に仔猫を拾った。

朝からずっと外で猫の鳴き声がしていて
どーしたんだろうと思っていたら
先に出たまーろんから連絡があり
家の前の階段に仔猫が居た!と。
それは大変だと慌てて外に出たらホントに小さい仔猫が階段のはじで動かないで震えていた。
これは大変だと、でもどうしたら良いか分からないので、みたらしとチャビーを拾ってくれた長原さんに連絡。
長原さんが車で夕方引き取りに来てくれると言ってくださったので、家の中に入れる。
とりあえず寝室に置いて、落ち着いたら水をあげたり餌をあげたりした。
水も餌も買ってきた猫用のミルクもちゃんと飲んでくれて一安心。
そしてよく寝る。あぁ。ホントに可愛い。
そして性別を確かめようと足を開いたら
あ、足が片方途中から無い…。
でも炎症もおこしてないし、生傷じゃなかったから
きっと産まれた時に足がダメでお母さんが噛み切ってくれたんじゃないかなと思った。
だから母猫は人間になんとかしてもらおうと思ったのかもしれない。
実は母猫は多分、みたらしとチャビーを眺めにウチによく来る黒猫だ。
仔猫を見つけた時もいつもの場所に居たし、仔猫を家に入れた時も外で鳴き声がしたので見に行くと黒猫が身を隠した。
わざわざ大声を出してここに仔猫がいるアピールをして、私たちがみつけたあとに姿を消したのではないか。
仔猫が居た場所は、黒猫が行けない場所ではなかったし、黒猫の見える所に置いて離れてしばらく様子を見ていたのに全然連れて行かないから
あぁ、これはもう無理だと思ったんだな
と、思った。

黒猫はきっといい母親だったと思う。
仔猫の身体もキレイだったし、風邪も引いてる様子じゃなかったし。
部屋に仔猫を入れた時に、あたたかい小さい大事な命を託された気がして涙が出た。

そして夕方に長原さんが来てくださり
チャビーとみたらしの耳そうじまでしていただき(笑)
3本ちゃんをひとまず引き取ってくださった。
これから色々検査をして、この先どうするか決めるよう。
どちらにしろ絶対幸せに暮らすことは間違いない。

仔猫を拾ったのが初めてだったので
本当に感動した。
そしてものすごく可愛かった。
半日お母さん。
もっと一緒に居たかったぁ…😢
元気でしあわせに暮らすんだよ!! あ。ちなみに男の子だったみたい🎵

寝室にはもう居ないと思うとさみしいよー!

仔猫ってホントに可愛いいなぁ…。

f:id:chabby_mitarashi:20160701094150j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094207j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094221j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094239j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094255j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094315j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094335j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094351j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094409j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094424j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094435j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701094452j:image

遊びにきてくれた


先週の日曜日に職場の友人が遊びに来てくれた。

猫たちも女子ふたりに囲まれてしあわせそうにしていたよ。

こーゆー時男だなと思う(笑)


f:id:chabby_mitarashi:20160701093805j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701093843j:image

f:id:chabby_mitarashi:20160701093819j:image

豚の生姜焼き弁当

f:id:chabby_mitarashi:20160623094545j:image

豚の生姜焼き、キュウリ、ひじき
これでひじき終わり。

豚の生姜焼きプレート

プレートにはまりそうだ。

洗い物も楽だし、少なくてもそれなりに見える。

大根の鬼おろしとなめこの味噌汁うまかった。

f:id:chabby_mitarashi:20160623094340j:image

タンドリーチキン弁当

f:id:chabby_mitarashi:20160622092554j:image

タンドリーチキン、豆のサラダ、ひじき
昨日の夜ごはんと全く一緒(笑)

カフェめし


タンドリーチキン、豆のサラダ、ひじきごはん。

豆のサラダには
豆、きゅうりのみじん切り、サラダ菜、レーズン、チーズに
オリーブオイル、塩胡椒、バルサミコ酢、クミン、ニンニクちょびっとドレッシングを
まぜまぜまぜまぜ。

ワンプレートだと洗い物が少なくて良いね!

f:id:chabby_mitarashi:20160621215230j:image

とろろ定食


今日はとろろを食べると意気込んで。
大和芋と生たまごのふわっふわとろろ。
ひじき、なめこおろし、焼き鮭、波乗りジョニー、あおさの味噌汁。
ひじき初めて作った。簡単でうまい〜。

やっぱり和食は落ち着くねー。

f:id:chabby_mitarashi:20160621214934j:image