読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだ本

永い言い訳

明日突然、いや、今突然主人が何かの間違いで死んでしまったらどうしようと、たまに本気で考えて一人で苦しくなる時がある。この本を読んでいる間ずっとそのソワソワと恐ろしい想像が頭をよぎって離れず何度も電車の中で本を閉じた。バスの事故で妻を亡くし…

何者

「何者」 西さんの本を読み終わって 主人の蔵書をあさっていたら出てきた。 表紙の感じから なんだか男っぽい感じの作品なのかな でも直木賞受賞作だし読んでみるか と、思い読み進めた。 中盤、後半まで 就活の話。若いな。 主人公イヤなやつだな。 でも周…

さくら

読み終わった。ラストスパートをどこで読もうか迷っているうちにすごく間をあけてしまったが結局電車の中で本を開いてしまい最後の十数ページを代々木上原の駅のホームのベンチで読みまた鼻水たらしながら泣いてしまった。今まで読んだ西さんが書く主人公は…

サラバ!

感想は書けない。途中でのめり込み過ぎて鼻血が出そうになったし、ラストスパートは亀有のイトーヨーカドーの椅子で鼻水垂らしながら泣きながら読んだ。主人公と同い年。生きてきた時代も全て一緒。 読み終わった後に叫びたくなるほど面白かった!サラバ!

白いしるし

つらくて痛すぎた。これを読んで思い出した。「きいろいぞう」は西さんだった事。映画で見たのだけどどうしても好きになれないシーンでもだからこそ今でも覚えているシーンを思い出した。今回、女性が主人公のものを初めて読んでみたけれどやはり西さんが描…