読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の騒動


昨日いつものように2匹とも猫部屋に入れて仕事に出たはずが(主人が後に出たのでホントのところは分からなかった)私が帰ってきてリビングの扉を開けたら、チャビーが甘えた声で「ニャン💕」と言って擦り寄ってきて、驚いた。

はじめは主人が襖を閉じ忘れたかと思ったが襖は閉まっていたので、チャビーを入れ忘れたのだと思い、みたらしにもチャビーにも可哀想な事をしたと平謝りした。

一応主人に確認したところ、絶対に二匹とも入れたと断言するので、じゃあどうやって出たんだ…と。

上段の小さい襖はクーラーの冷気を入れるためや換気のために開けてあるのだけれど、まさかそこから?と思って、壁や下の襖が傷ついていないか見たが、特に新しい傷は付いていなかった…。

謎は深まるまま寝る時間になったので、また猫部屋に入れた。最近寝室にも来れるようにしていたが、あまりに明け方うるさいので、やはり今まで通り猫部屋に入れる事にした。

でもリビングの扉と寝室の扉は開けたままで寝た。
しばらくしたら猫部屋の方から「ドババン!メリメリミシミシ!」と音がしたので、何事かと目をやると、襖の上段に黒い影がウロウロとしてる!携帯の懐中電灯で照らしたらキラリと光る目でこちらを見て「ニャン💕」と言っている。チャビーだ!

本人的には『どう?すごいでしょ!」ぐらいな気分だったと思う。主人も私もあまりの事にちょっと笑ってしまったが、でもそのままにしてはおけないので降りなさいと言いに行った。
のがこの写真(笑)

チャビーは褒められると思ってたら怒られて、とても不服そうにしている(笑)
主人が抱き上げ中に戻し、上段の襖も閉めて、また寝ようとしたら、また「ドババン!」と聞こえ、さすがに閉まってるので出れないから、今度はいつもの「ナーン!ナーン!」と要求事のある声で鳴いていた。

でもこれに応じるとまた繰り返してしまうので、心を鬼にして我慢したが、しばらく頑張って鳴いていた。私たちの気配を感じると良くない気がして、リビングのドアも閉めてみた。そしたらすぐに鳴きやんだ。

リビングのドアを閉めるバタンの音で、もう鳴いても無理だと思うようだ。その後一度またドババンと聞こえたが、それきり大丈夫だった。

そんなこんなで4時…😢やっと眠りについた。
そして6時半に起きて猫部屋の襖を開けたら、みたらしもチャビーもまだくつろいでいた。

いやぁ大変だったよぉ。

夏が来る前に襖の上段に何か網でもしないとクーラーの冷気を入れられないので対策しなきゃだな…。

あぁ眠い…。


f:id:chabby_mitarashi:20160701105420j:image