読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊婦って異常事態

せっかくだから書いておこうと思う。

 

もう2度と起こらないかもしれないこんな日々。

 

時間だけはいくらでもある。

 

 

 

私は今妊娠3ヶ月です。

 

妊婦になってから知ったんだが

あまり「~か月」という表現はしないようで

「~週」というのが一般的なようだ。

なので、現在8週2日目。

 

よくドラマで

「ウッ!」と言いながら洗面所に走って行って

吐きそうになって「もしかして。。。」

病院に行って

「おめでとうございます。3ヶ月ですね」

 

ってやつな3ヶ月なんです。

 

 

私の場合は不妊治療をしていたので

そんなドラマチックな事は全然なくて

生理予定日より数日前に

出血があって

「ちくしょう!今回も生理きたよ!」

ってふてくされてまーろんの誕生日ケーキを買って帰って

次の日になってもまだ出血が増えないから

「え。。。なんで」

って思ったら妊活ツイッターアカウントの人に

「もしかしてそれ着床出血じゃないですか!?」

って言われて

まさかと思いつつ検査薬してみたら

チョーーー薄っすら陽性が出て

「マジか。。。」

 

となって発覚したわけで

気づいたら妊娠してました~!なんて事では絶対なかったわけなんです。

 

 

そして、不妊治療していたくせに

できてからいまだに

「私。。。なんて幸せ」

みたいなぽんやりとした幸福感なんてまだ1度も味わっていないんです。

 

もちろん、もちろん

出来たことに後悔なんて一つもないんだけど

それよりも

 

「聞いてないよーーーーー!!!」

 

な事案が多すぎやしないか

妊娠初期ってもんは本当に。

 

それは検査薬をした次の日から

バッチリ始まった。

 

・動悸

・息切れ

・猛烈な不安感

・猛烈な恐怖感

・猛烈な倦怠感

・猛烈な気分の落ち込み

 

恐ろしいほど一気に押し寄せた

 

「なにこれホルモン!?!?

 ホルモンには抗えないってのは分かっていたけど

 ねぇ。早くない??

 全然聞いてないんだけど」

 

終始これに尽きる。

 

本当にこれに尽きる。

 

そのせいでいきなり仕事にも行けなくなる。

持病のパニック障害の発作も起きるようになる。

恐ろしやホルモン!!

 

妊娠によって起こっているのだけど

もう既に気分は更年期障害にまで及ぶ。

 

「きっと更年期ってこんな感じなのかしら。。。」

 

妊娠というめでたい案件に付与されたものなので

今はまーろんも

「大変だね。一緒に頑張ろうね」って体勢で臨んでくれてるけど

更年期だったらそうはいかないだろうと思うと

今から不安で仕方なくなる。

 

まぁ。それは後々ゆっくり考えるとして

 

いや。そう。現在だ。

そしてその妊娠超初期から少し経ったので

妊娠初期と言われる現在

まさに「つわり」の佳境と言われるこの時期

多分にもれず私にもとうとう吐き気到来。

 

どうも食べづわりのようで

何か食べないと、少しでもお腹が空くと気持ち悪くなってくる

そして匂いづわりも

まーろんが先日パスタを作っていたのだけど

お風呂に入っている最中にニンニクとオリーブオイルの炒めた匂いが

お風呂に侵入してきて死にそうになった。

焦ってお風呂から出て寝室に逃げ込んだ。

普段は大好きな匂いなのに

思い出すだけでも吐き気がする

ニンニクの匂いにイライラする。

普段鼻炎で匂いがしない時も多いのに

なんでこんな時だけ匂いに敏感になるんだよ。

黙っとけ嗅覚!

何とも不思議だよ。

 

そして、仕事に行けないもんだから

基本的に家にずっといる。

 

調子が良い時はリビングのソファに敷いた

ホットカーペットの上に猫と3

丸くなってじっとしている。

調子が悪い時は

寝室の布団の中でまーろんの掛け布団を丸めて即席背もたれにして

起きてるような寝てるような感じでいる。

今まさにそうだ。

 

具合の悪さをどう表現したらいいか

 

強烈な吐き気ではないが

「なんか食べたら吐きそうかも。。。」

っていう胃腸炎の治りかけみたいな胃をぶら下げて

でも食べないでいると吐き気が酷くなるから

何か食べる

食べてる最中は良いのだけど

食べた後に

「ウゥゥ~。気持ち悪っ」

ってなる感じ。

うーーーすらずっと気持ちが悪い。

 

それに合わせて

気分の落ち込み、不安感がある。

「これこれこのせいで落ち込む」とか

「これこれこうのせいで怖い。不安」とか

そんなんじゃない。

何の理由も原因もなくただただ不安で落ち込む。

なんなのこれ!!

これが鬱の人の症状??

パニックはあれど、鬱傾向は一つもない自分に起こったこの感覚。

これはツライわ。

これじゃなんにも出来ないよ。家から出られなくなるよ。

これから鬱の人に会ったら心から同情できる。

 

一番ひどい時

心療内科に向かう途中でまーろんに電話して

「こんな事絶対思ったり言ったりしちゃいけないんだろうけど

 もし、ダメだったらもう作りたくない。もうこんなになるんなら無理」

と、ひと気のない路地で号泣した日もあった。

そんな私に

「分かったよ。そうしよう。大丈夫だよ。僕は二人でも全然構わないんだから

 楽しい事して生きていこうね」

って言ってくれたまーろん。忘れないよ。ありがとう。

 

なので、パニックの薬を飲むと(お医者からOK出てるやつ)

スーーーーーっと不思議なぐらいスッキリするし体が動くようになる。

なんなら吐き気さえ無くなる。

 

でも一応薬を飲むことが不安だから

なるべく飲まないようにしているからずっと家にいることになる。

 

まーろんに

「出かけて良いんだよ。映画でも美術館でも行っておいで」

と、休み始まったばかりの頃に言ってもらったけど

もう、そんなの絶対無理。

今やまーろんもこりゃホントに無理そうだねって思っていると思う。

 

そう。まーろんには本当に感謝の一言しかない。

 

大変な仕事から帰ってきて

ほぼ寝たきりみたいになっている私の為に何かしら作ってくれたり

買ってきてくれたり。甲斐甲斐しく。

 

先日、どうしてもタマゴサンドが食べたいと言ったら

せっせとタマゴサンドを作ってくれて

壺漬けも食べたいと言った私の為に

ツナサンドに壷漬け入れて作ってくれたのに

「ツナ。。。」って顔されて

「今度はタマゴサンドに壷漬け入れてくれたら嬉しいな」

って言われる始末。

難題すぎるよね。ごめんね。

 

しかもその後に自分用にパスタを作ってたら

「ニンニク臭い!!!」

ってお風呂から裸で飛び出してきて寝室に逃げられて。

 

ああ無情。

 

かわいそう。

 

 

そんな可哀想なのに

 

「今は毎日、土日も休みなく重労働中なんだから。頑張ってるんだから」

 

って言ってくれるまーろんは本当に

夫の。妊婦を抱える夫の鏡!!!

 

よっ!!夫の鏡!!

 

本当にこの人と結婚して良かったと思う日々なんです。

 

そんなのろけは良しとして

 

 

ホント

尋常じゃないね。妊婦。

 

もう本当に尋常じゃないの極み。

 

私はまだ全然良い方なんだと思う。

水すら飲めなくなる人もいるし

そうなれば入院だし。

 

世の中のお母さんたち。

サラッとした顔をして子育てしてるけど

みんなこんな経験やらあんな経験をして

お子さんたちを育てているのね。

 

本当に尊敬します。

 

まぁ、育児の厳しさで

妊娠中の事なんて忘れちゃうわよ!

って話はまたきっといつか。

 

 

とにかく今は

自分に起こったこの異常事態に

ただ漫然とお釈迦様のように半眼で

 

「仕方ない」

 

って言葉を支えとし

 

日々を乗り越えていくしかないと思っています。

 

「仕方ない」って言葉は宝だね。

 

根本先生の言う

 

「でもやるんだよ!」

 

とも言います。

 

早く、猫に踊りながら近づいて嫌な顔されたり

変な歌作って猫に熱唱して気持ち悪がられて逃げられたり

それぐらい元気になりたいです。

 

 

いや~

途方もなくまた長くなったなぁ。

 

でも書きたいことはまだ山々。

 

時間だけは沢山あるから

せっかくのこの異常事態を楽しんでいこうと思います。

 

ネタは沢山あるぞーーーー!!!!

 

 

うおし!